セフレ関係を築く上での注意点

ルールを守る

本気にならない距離感


出会い系サイトでは結婚をして子供がいて一見すると幸せな家庭を築いている人妻や妻帯者の人でも出会いを求めて利用している人は非常に多いです。

利用者の大体20%から30%は既婚者だと言われているほどです。世間からしてみれば批判されるかもしれませんが、現実ではこれだけ多くの人が出会いを求めて利用しているのです。

出会い系サイトになぜこれだけ多くの既婚者が集まるのかというと現実的に一夜限りの関係や大人のセフレの関係が出来る場所というのは出会い系サイトにしかないのです。

合コンに参加しても数合わせで来たと思われますし、婚活パーティに参加することなんて出来ません。

結婚していないと偽って相手と接してもバレてしまいますし、家庭がめちゃくちゃになってしまう危険性があります。

その点出会い系サイトならばお互いに割り切り前提で出会うことが可能ですし、ニックネームでやり取りをすることで素性を知られる心配も無いということで人が集まるのです。

出会い系サイトではセフレ関係を築くことが出来ていますが、セフレが出来て喜ぶだけではなくて気をつけなくてはいけない注意点を紹介していきます。

ルールを決める


出会い系サイトを通じてお互いに今後も関係性を続けていこうとなったらまず大切にしなければいけないのがルールを決めるということです。

楽観的にお互いが会いたいときにあったり、メールのやり取りなども頻繁に行っていたら家族にバレてしまう可能性は高いですよね。

たとえば夜などの家族が一緒にいる時間帯には絶対に連絡のやり取りをしないとか、お互いに旦那や妻がいる休みの日は連絡を一切してはいけないとか、メールやラインの交換はしないであくまでも出会い系サイト上でやり取りをして会話の内容もあくまでも会社の業務連絡の様な文面でやり取りをしましょう。

セフレ関係で家族にバレた時点でもう終わりです。

絶対に家族にバレてはいけないのでそこを第一優先にしてお互いにルールを決めてやり取りをしましょう。

1度のやり取りは2回程度に抑えてメールのやり取りをし続けるということはしないようにして要点だけをまとめて会う日時や場所だけ指定するようにしてすぐに内容を消すようにしましょう。

ルールを守れない人とは深い関係にならずその場で関係を絶つぐらいの気持ちで臨みましょう。

一定の距離感を保つ


セフレ関係になって性行為をしてしまったら恋愛感情が生まれてしまう危険性があります。今の家庭の関係だけは壊したくないと思っている人がほとんどですが、時には家庭を壊してでも一緒にいたいとか詰め寄ってくる人がいますが、そういった恋愛感情は持たないようにしましょう。

常に一定の距離を保ち絶対に深入りしたりのめりこまない様にしましょう。

どうしても結婚をして夫婦間での性行為がしばらく行われていない状況でセフレなどが出来たら気持ちがのめりこみやすくなってしまいますが、冷静に一時の感情に流されないようにしましょう。

頻繁に会わないようにする


セフレと性行為をしたら性欲が一気に沸いてきて頻繁に会いたくなって性欲を思う存分発散したくなります。付き合いたてのカップルのような気持ちになりますが、会う回数が増えれば増えるほど周りに知られてしまいますので頻繁に会うことは避けましょう。

月に1回、多くても2回程度に抑えておきましょう。

週に1度ペースで会えば気づかれてしまいます。会いたくなる気持ちを抑えて会ったときに思う存分発散をしつくすぐらいの気持ちで会いたくても我慢をしましょう。

セフレ関係を築く上での注意点のまとめ


ついつい恋愛モードになると周りが見えなくて冷静な判断が出来なくなってしまいますし、最初は気を張っていても徐々に緩んでしまって最初に決めたルールもどんどん緩くなってしまってバレてしまう可能性が高いですよね。

常にバレた時のことを考えてお互いに会うたびにバレたら慰謝料を支払うことになれば子供からも軽蔑されてしまうというリスクを共有して常に気を引き締めていきましょう。

↑ PAGE TOP